神奈川の店舗でAmazonギフト券を買取する方法と買取率を徹底調査

誕生日などのプレゼント、ちょっとした日常のお礼、オンラインのアンケートサイトの謝礼などで、現金ではなく、Amazonギフト券をもらった経験がある人は多いと思います。
もらったAmazonギフト券を「アマゾン・ドット・コム」のサイトで使えば、食品・お酒、洋服・靴から本・CDなど幅広い商品が購入できるので、とても便利です。
現金が必要になったときには、手元にあるAmazonギフト券を買取ってもらって、現金化することが可能です。
Amazonギフト券の買取をしてもらうためには、どのような方法があるのでしょうか。
そして、買取の相場は、どうなっているかを紹介します。

Amazonギフト券を現金化する方法


Amazonギフト券は、通販サイトの最大手「Amazon」での決済に使える電子ギフト券です。
プレゼントする相手に商品券やグルーティングカードとして送れるタイプ、コンビニで購入できるギフトカードのタイプ、商品券などの実物はなくてウェブ上でチャージするためのコードが発行されるデジタルタイプなど、いくつかのタイプのAmazonギフト券があります。

ギフト券という名前が付いてはいますが、必ずしも贈り物用としてだけに使用する商品というわけではありません。
クレジットカードを使わずにAmazonで購入する商品の代金を決済できるため、自分用にギフト券を購入してアカウントにプールしておくという使い方もされています。

友人や家族からAmazonギフト券をプレゼントされて、まだ使っていないものを持っていたり、自分用にコンビニやWEBで購入してまだ使っていないけれど、急に現金が必要になった・・・という人は、Amazonギフト券を買い取ってもらって、現金化することができます。

Amazonギフト券を現金にするには、大黒屋などのチケットショップの店頭に持ち込む方法と、電子ギフト券の買取をしている無店舗のサイトに申し込む方法の2つがあります。
店舗を持つチケットショップの中には、郵送買取や宅配買取のシステムを行っているところもあります。
店舗や買取サイトでAmazonギフト券を買取ってもらうときには、古物商の許可証を持っている正規の業者であることを確認すると安心です(古本や中古CDの買取にも、業者はこの資格が必要になります)。

そのほか、ヤフーオークションなどのオークションサイトに出品して、Amazonギフト券を必要としている人に有料で譲るという方法もあります。
しかし、カードタイプの場合はして包装して郵送する手間もかかりますし、すぐに現金が必要というときには向いていません。

神奈川の店舗でのAmazonギフト券の買取サイトでの相場は?

電子ギフト券の価格は、需要と供給によって変化します。
そのギフト券のほかと比べての人気や、他店の買取価格(換金率)の状況によっても変わりますが、Amazonギフト券は発行枚数が多くメジャーで知名度が高く、信頼度も高いことから、人気が安定していて、価格が大きく変動することはあまりないと考えていいと思われます。

さて、ここでは神奈川県のチケットショップに持ち込んだ場合の買取の相場を探ります。

「買取専門店大吉」は全国に店舗がある大手チェーンで、金・貴金属、時計、バッグ、酒、切手・古銭・テレホンカードなどの買取も行っています。
テレビCMも展開してよく知られています。
神奈川県には、厚木市(2店舗)、綾瀬市(2店舗)海老名市(2店舗)、小田原市、鎌倉市(2店舗)、寒川町、川崎市(12店舗)、相模原市(4店舗)、逗子市、茅ヶ崎市(2店舗)、秦野市(2店舗)、平塚市(2店舗)、藤沢市(5店舗)、大和市(4店舗)、横須賀市(5店舗)、横浜市(36店舗)にお店があります。
横浜市にある店舗数の多さが目をひきます。
「買取専門店大吉」ではカードタイプのAmazonギフト券を取り扱っていますが、最新の買取率は公表されていません。
店頭で問い合わせてください。

「おひさまチケット」は、JR関内駅北口から徒歩3分のところに店舗があり、月~金曜日は10時から19時まで、土・日は10時から18時まで営業をしています(祝祭日・年末年始は休業)。
Amazonギフト券の買取率は、80%(コンビニで販売されているPOSAカード)から85%(公式サイトでの購入)となっています。

「アクセスチケット」は関東のほか、・長野県・愛知県・兵庫県・大阪府・京都府などにも店舗があるチケットショップです。
神奈川県内には、本店(大口の買取のみ対応)が相模原市にあるほか、橋本店(相模原市)、湘南台店(藤沢市)、小田原店(小田原市)、京急久里浜店(横須賀市)、川崎モアーズ店(川崎市)、横浜北口店(横浜市)、横須賀中央店(横須賀市)、溝口(川崎市)イオン海老名店(海老名市)、ミナカ小田原店(小田原市)、相模大野店(相模原市)があります。
Amazonギフト券の買取率は商品券タイプが80%で、郵送買取限定となっています。
買取が可能なのは、有効期限が60日以上、台紙付き・未開封で、購入時のレシートが必須、スクラッチが削られているものや個人情報が記載されているものは買取が不可です、

「大黒屋」は横浜、川崎などに店舗があり、宅配買取も実施していますが、Amazonギフト券は買取の対象になっていません。
そのほか、横浜などにある「Jチケット」、関内駅前などにある「Jマーケット」、トレッサ横浜にある「金犬くん」などは、Amazonギフト券の買取は行っていません。

かつては「アマゾネックス」という買取会社の店舗が横浜にあり、Amazonギフト券の買取を行っていましたが、現在は店舗が閉店して、サイトも閉鎖になっています。

Amazonギフト券を取り扱っている神奈川県の店舗が少ない理由

神奈川県には駅前やショッピングモールを中心にさまざまなチケットショップが存在しますが、Amazonギフト券の買取をしている店舗は少ないことがわかりました。
これは神奈川県に限ったことではなく、東京都内でも同様です。

スクラッチが削られていない状態のカードタイプのみ買取が可能というショップも多くなっています。
これは、

なお、コンビニや家電量販店で販売されたAmazonギフト券(ギフト券の番号が「AQ」「WA」から始まるもの)は、架空請求詐欺被害の支払いに使われたものが混じっている可能性があるという観点から、買取不可としているチケットショップが多いので、注意が必要です。

神奈川県に、Amazonギフト券の買取が可能な店舗は多くはありませんが、まったくないわけではないので、公式サイトに記載されている電話番号やメールで問い合わせて確認してから店頭を訪れるのがよいでしょう。

買取サイトと比べて、チケットショップなどの店舗に持ち込んでの買取の場合は、買取率がやや低めになっている場合もありますが、そのぶん、すぐに現金化できるという便利さや対面によってすぐに現金を受けといれるという安心感は、メリットとして上げることができると思います。

買取率は変化するので、店頭に行って確認することが必要です。
Amazoギフト券は買取不可となっているチケットショップも多く、「いくつもの店で断られる」という事態にならないために、あらかじめ連絡してから店舗に行くのがよいでしょう。

You May Have Missed